ソリューション一覧



BITAS-HEALTH (健康チェック)
個人の日々の健康管理を支援します
健康状態と日々の運動活動量を予防的にチェックします。
新陳代謝(メタボリズム)の状態をチェックし、「異常な兆候がないかどうか?」を見ています。

<主なチェック項目>
 ・脈(心拍)の乱れ
 ・心拍数
 ・呼吸状態
 ・表皮温度の変化
 ・活動量(METs)
 ・自律神経の健康(活動)度
 ・糖尿病のリスク 等

疑問が生じた場合は病院マークで表示します。普段は看護師さんの笑顔マークが出ます。


BITAS-SLEEP (睡眠解析)
入院することなく、睡眠の状態を簡便に計測します
一般的な睡眠クリニックにおける睡眠解析では入院する必要がありますが、本ソリューションでは入院する必要はありません。ウェアラブルセンサ(BIT)を装着して、普段の生活のまま、過ごしていただくだけです。入浴もできます。
睡眠時の全ての状態を導出し、図形上に標準値との比較を示します。

<主なチェック項目>
 睡眠時無呼
 REM/NREM睡眠
 睡眠時間
 入眠潜時
 覚醒時間
 睡眠効率
 体動(寝返り・・・)
 自律神経の健康(活動)度 等


BITAS-STRESS (ストレスチェック)

自律神経活動状態を測定し、職場等でのメンタルストレスを客観的評価します

2段階のチェックにより、メンタルストレスを評価します。

第1段階(簡易チェック):約10分計測

心の状態に関するアンケート(自己報告質問票、いわゆる、問診票)のスコア結果と短時間のストレス印加時の自律神経活動測定結果により、「正常」、「中間状態」、「うつ状態」に区別します。

第2段階(詳細チェック):24時間計測

ウェアラブルセンサ(BIT)を装着して、24時間の測定を行います。
計測期間を4つの時間帯に分割して、いつ(どの時間帯に)、どのようなストレスがあるのか、睡眠の質、睡眠時無呼吸の有無の他、十分な身体活動を行っているかどうかをチェックします。


BITAS-PHYSICAL ACTIVITY (身体活動評価)
METsを利用した身体活動の質と量、歩行や運動時の心拍数や呼吸数等を評価します。
「いつ、どの程度の活動を行ったか?」身体活動量に関する指標(METs)を利用して、運動量や消費エネルギーを評価します。また、歩行や運動時の新陳代謝(メタボリズム)の状態も測定します。


BITAS-POFD(PreventionOfFallDown) 転倒防止センサー
歩行時の体の姿勢や歩行状態をチェックして、転倒し易い状態であるかどうかをチェックします
ウェアラブルセンサ(BIT)を装着して、歩行時の体の姿勢や歩行状態をチェックし、転倒し易い状態に成っているかどうかをチェックします。もし、事前に転倒しやすくなっていることが判れば、バランストレーニングや歩行指導により、そのリスクを下げることが出来ます

チェックには、2通りあります。

10秒間歩行によるバランステスト

 歩行姿勢や歩行中の心身の状態をチェックし、そこから安定か不安定(転倒し易い)かを判断します。

長時間(9時間以内)装着によるバランス度チェック

長時間(9時間以内)装着中の歩行姿勢・バランスの他、様々なデータをチェックし、転倒可能性について評価をします。


BITAS-PULSE
専用の脈波測定器(P-BIT)を利用して、簡易に血管年齢や自律神経を測定することができます
3つのソフトウェアがあります。

BITAS-PULSE BASIC(ベーシック)

 約15秒間の測定で、血管年齢を評価しています

BITAS-PULSE ADVANCE(アドバンス)

 約70秒間の測定で、血管年齢の他、自律神経活動(CVRR)を評価しています
CVRRの数値から、糖尿病のリスクも分かります

BITAS-PULSE STRESS(ストレス)

 約135秒間の測定を行い、ストレスに関するチェックを行います。
 約70秒間測定と同様に、血管年齢の他、自律神経活動(CVRR)を評価しており、CVRRの数値から、糖尿病のリスクも分かります