BITAS-POFD(Prevention Of Fall Down) 転倒防止センサー


■BITAS-POFD(PreventionOfFallDown) :転倒防止センサーソリューション

今日社会の1つの大きな問題は高齢化ですが、その中でも高齢者が転倒してから、寝たきりになったり、生活品質QOL(Quality of Life)を下げてしまうことです。もし、事前に転倒しやすくなっていることが判れば、バランストレーニングや歩行指導mにより、そのリスクを下げることが出来ます。これに答えるのが、BITAS-POFD(Prevention of Fall Down) 転倒防止センサソリューションです。



BITを装着して、歩行時の体の姿勢や歩行状態をチェックして、転倒し易い状態に成っているかどうかをチェックします。チェックには、二通りあります。


A.10秒間歩行によるバランステスト




歩行姿勢や歩行中の心身の状態が判ります。そこから安定か不安定かを判断します。より長い時間の歩行を行って頂きますと、より多くの情報が得られます。


B.長時間(9時間以内)装着によるバランス度のチェック




長時間(9時間以内)装着の間の姿勢を始めとする様々なデータをチェックし、転倒可能性についての評価をします。